hondasawangan.com

住まいの掃除に重曹を活用しましょう

引っ越しをした際は住まいの写真を撮る

住まいの掃除に重曹を活用しましょう 新しい賃貸物件を住まいにしようと考えている方は、家具などを運び入れる前に必ず行っておかなくてはならない行動があります。それは傷の確認になります。自分が傷を付けてしまうと修理をするための費用を負担しなくてはならない場合が多いです。しかし自分が付けた傷ではないのに、修理費用を請求されてしまったのでは、納得が行かないと言う方もいます。入居をして家具を入れる前にある行動をする事によって、自分が付けていない傷だと証明する事ができます。まずは部屋1つ1つの床や壁をしっかりと見るようにしましょう。ここで傷を見つける事ができたら、すぐに写真を撮ると良いです。これが証拠になります。写真を撮る際の注意点は、日付が表示されるカメラで撮影する、そしてデジカメや携帯のカメラなど2台以上で撮影をすると言う部分になります。

なぜ2台以上で撮影をしなくてはならないのかと言いますと、なにかの間違いで写真を消してしまう可能性があるからになります。写真が消えてしまうと、せっかく撮影した証拠がなくなってしまい、退去する際に自分のせいにされても言い返しができなくなってしまいます。多くの方が経験をした事があるトラブルになるので、安心して住まいで生活をするために、必ず行っておいた方が良い行動です。

おすすめ情報